2009年06月21日

ハイイールド債と中国株ファンドの人気

今週は「雑誌をご覧頂いた」という方からの相談依頼が何件かあり・・・

先日、朝日新聞出版「AERA」の取材協力に応じましたが、
そちらをご覧になり、HPを検索頂いたようです。
簡単なコメントで、連絡先も記載がなかったものですから、うれしい限りです。


aera.jpg

雑誌の特集は、ハイイールド債券と中国株の投資信託が人気。
中国株ファンドは、さておき、ハイイールド債ファンドが、ちょっと目を疑いたくなるような額が、売れている。しかも短期間に・・・

ファンドの魅力より、証券マンの営業力のすごさを、改めて感じたりして・・・・

「ハイイールド債のファンドは、良いのか?」と問い合わせはよくありますが、
ハイリスクを受け入れ、ハイリターンを狙う、単なる選択肢の一つに過ぎません。


とくにこの商品だけが優れているわけではありません。

家計の長期的な資産形成を目的に考えるのであれば、一つの商品に絞り込んで購入せず、
あくまでも、分散投資の中のひとつとして考えた方が賢明です。

これまでも、おすすめ投資信託で、損しているにも関わらず、
懲りずに、おすすめ投資信託に手を出すとは、不思議な物です。

あっちよりこっち、こっちよりあっち。

そんな簡単に資産が殖えたら、今頃みんなお金持ちです。

サイトにも掲載していますが、
資産形成は
「金融の正しい知識」、「金融を正しく理解させてくれる担当者」
「自分の運用ニード」、 「投資先へのアプローチ」、「コスト」
「運用中の考え方」、「アドバイザーの存在」、「投資行動」・・・・・などなどなど、


すべてをバランスよく吸収し、初めて長期投資、資産形成が可能になるのです。


↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  

posted by FPブレーン at 16:36| Comment(0) | 気になる新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ETF転換付 政府保証債券。

「株式取得機構、上場投信(ETF)買い取りへ」記事詳細

あり得ない!?ETF転換付 政府保証債券の発行。

購入した投資家は満期まで保有すれば損をしないが、将来、株価が上昇すれば、ETFに転換し、売却により利益を得ることができる。

政府が元本保障する「ETF転換国債!」ということです。

政府の狙いは、不安定な市場の改善策。

つまり、ETFの買い占めから、市場の需給悪化を防ぎ、意図的に株価下落に歯止めをかける。

しかし、株価は、現在の企業の評価が反映され下落している。
企業は現在、コスト削減し、リストラを行い効率化を図っている。いずれ時間が解決し、企業業績の回復が市場に反映されることになる。

さらに、このようなリスクのない有利な投資は、またまた、金融機関をとおして、投資の本質を知らない素人が購入するわけだから、結局、将来の売り要因を増加させるだけの行為にしか考えられない。

投資の原点は企業支援。
企業支援は、短期では行えず、一定の期間が必要になるもの。

政府は、学校教育で「投資の本質」をしっかりと教育させる検討するべきだ。目先の安定化も必要ですが、投資教育を長期的に計画してほしい。

ただ、昔このような事があった。
政治家が「私は株などやらない」といった発言があり、ニュースで問題視されていたことがある。


この発言は「株=ギャンブル」と推測できる。

彼ら指揮官が、投資の本質を知らないのだから、仕方ありませんが
免許を持たないドライバーに運転させては、本当に不安に感じてしまう。

車のような鉄の凶器を、運転できるのは教育のおかげ。
やはり、投資教育です。

正しい情報を正しく理解することからはじめて欲しい・・・・



↓お役に立てましたらクリックしてください。
投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 09:58| Comment(0) | 気になる新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

逆張りと順張り

先日の日経新聞での記事。
「企業の年金基金による海外資産への積極投資が続いている。」との事。
記事詳細はこちら


個人投資家などが売り急ぐなか、「もっと下がるのではないとか」というこの場面で、しっかりと年金基金は買っている。(1999年ネットバブル以来の過去最高)

資産配分の修正(リバランス)による買い増しですが、市場の動向に関係なく・・

まさに「逆張り。」(大勢とは逆の行動をとる)

その一方で、今日の日経新聞夕刊の記事。
JA共済連合が、不安定との理由から、国債や高格付社債、現金の運用を増やしているという。

「順張り?」(みんな行くなら私も同じ行動をとる。)

日経夕刊抜粋
 JA共済連は約42兆円を運用し、もともと8割が安全性の高い国内債券。日本株は3%程度にすぎない。共済契約者に約束した利回りに届かない「逆ざや」を解消するため、毎年度2000億円規模の資金を数年間投じ、株式や不動産投資信託(REIT)を倍増させる計画だったが、世界的な景気後退により運用環境が大きく変化。日本株などへの新規投資をいったん凍結して、確実性の高い金融商品に振り替える方針だ。
記事詳細はこちら

いろいろな考えがあるのでしょうが、ここで買い増ししなければ、高くなってから買いにいくという事でしょうか。それとも何らかの理由があるのでしょうか。

ポートフォリオ修正のタイミングは、基本的に「逆張り」になりますよねぇ・・・
(みんなが売る下落時に「買い」、みんなが買う上昇時に「売る」)




↓役に立ちましたらクリックしてね。
投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 23:16| Comment(0) | 気になる新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

この時期にハイイールド投信!?

今日の日経にこんな記事がありました。

【記事抜粋】
野村アセットマネジメントが28日に新規設定した投資信託「野村米国ハイ・イールド債券投信」シリーズの設定額が約1290億円に達した。昨年来の運用環境の悪化で投信への資金流入は急激に細っており、公募投信が1000億円超の資金を集めるのは久しぶりのこと。個人が再び投資に向かう動きにつながるか注目を集めそうだ。1/29日経より



この時期にハイイールド債に・・・
随分買う人がいるんですねぇ。(中身を理解しているのかな)

このファンドの投資先は、デフォルトを起こす可能性が高い事業債。
ハイイールド債(高利回り債券)です。

デフォルトを起こす可能性が高いと考えられる今のような時期に
あえてリスクをとって、投資する価値があるのかなあ?

同じリスクなら、リターンの高い手段を。
同じリターンなら、リスクの低い手段をと考えれば、


世界の優良企業がこれだけ過小評価されていれば、外国株式インデックスを購入したほうが、よっぽど安心して保有出来るような気がします。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  
posted by FPブレーン at 21:31| Comment(0) | 気になる新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする