2010年03月26日

ワールドリゾートセンターシンガポール

出張でシンガポールに行っておりました。

オーチャードの大型ショッピングモール、セントーサ島のカジノ、
ユニバーサルスタジオとオープンし、活況ぶりを肌で感じてきました。

カジノは、月曜日の日中にもかかわらず、大変賑わっておりました。
DSC02253.jpg

ユニバーサルスタジオシンガポールは、オープン前々日の様子です。
シンガポールでは、唯一に大型テーマパークですから、しばらくは、混雑するでしょうね。
DSC02266.jpg

↓マーライオンの向こう岸に見えるホテルも、もうすぐオープンです。
こちらにもカジノができるようです。
DSC02251.jpg



↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 19:41| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

シンガポールのセントーサ島に、ユニバーサルスタジオシンガポールが、今年オープンです。

ユニバーサルスタジオシンガポールを含む「リゾートワールドセントーサ」には、カジノ、ホテル、ショッピングモールをはじめ、映画館や世界最大規模の水族館などもオープン予定するそうです。

ちょっと小さい画像ですけど。
カジノやホテル
sentosa_01.jpg

ユニバーサルスタジオ
sentosa_02.jpg

写真は、シンガポールの知人のブログから使用させて頂きました。
http://heartlink.livedoor.biz/archives/50622826.html

しかし、セントーサ島は、とても小さい印象を持っていましたが、
これほどのリゾート施設ができるスペースがあったんですねぇ。



↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング



  
posted by FPブレーン at 19:00| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

海外銀行口座 or 海外証券口座

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
本年もブログ共々よろしくお願いします。

さて、今年最初は、オフショア金融センターシンガポールの
銀行口座開設の話題から。

海外口座と言えば、「銀行口座」を検討している方がほとんどのようですが、
どうして証券口座を検討しないのでしょう・・・・

例えば
10年以上使用しないお金や老後資金を預けるには、
銀行口座が安全か、証券口座が安全か、考えてみましょう。

証券会社は、もともと資産管理を目的とした金融機関であることから、破綻時でも、資産が守られる「仕組み」になっています。(分別管理です。)
ただし、信用取引や先物オプション取引のため、株券やファンドを担保に入れては、適用外です。

銀行は、そもそもお金を貸すことを目的としている金融機関であることから、証券会社のような分別管理はされず、銀行の経営と一心同体。つまり破綻による影響を受ける事になります。

日本では、預金保険機構から1千万の保障を考慮すれば守られると解釈できますが、顧客の資産を、金融機関の経営と切り離して管理する「仕組み」を持つと言う意味では、長期性の資金は、証券口座の利用が安心と考えられるのでは?

この仕組みは、日本に限らず、シンガポールでも同様です。

ただ、シンガポールの銀行は、破綻時の預金保障が異なります。
何と! 政府が預金全額保障です!
数年前の財政黒字で、国民にボーナスを払うほどのシンガポールですから、うなずけます。

しかし、残念ながら、預金全額保障は2010年末までの政府の限定措置です。
詳細↓
発表時のプレスリリース

シンガポールでは、元来、預金保障機構に加盟する銀行では、SGD建預金に限り20,000ドルまでの預金保障です。
日本円でわすか約130万(本日レート65円)ですから、日本と比較するとかなり低いですね。
(日本も以前は100万の保障でしたが)

Singapore Deposit Insurance Corporation
(シンガポール預金保証機構に加盟する銀行の一覧 ↓)

http://www.sdic.org.sg/scheme_members.html

日本が破綻するから資産を守りたい!と銀行口座を開設する。
守ることが目的であるはずなのに、わざわざ海外まで資産を移し、一企業である銀行に預ける。
しかし、どんなに通貨を分散保有しても、銀行が破綻したら・・・・・資産は守れない。

通貨の分散保有は、効果的なリスク分散に見えて、実は、一銀行に集中投資を行っていることを意味します。

「日本国の破綻」と「シンガポールの一銀行の破綻」をはかりに掛けるようなもの!?

本当の意味で資産を守るなら、仕組みから考えると、やはり証券会社で資産管理を行うのが安心と思われます。





↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング



  
posted by FPブレーン at 10:04| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

安心な銀行アジア1位は DBS Bank

アメリカの経済誌「GLOBAL FINANCE」が発表した

「World's 50 Safet Banks 2009」(世界の安全な銀行TOP50)

アジア圏でナンバーワンは、

28位のDBS銀行・・・シンガポール
(海外口座開設のブログでも紹介したDBS銀行)

日本の銀行は辛うじて、三菱東京UFJ銀行が「48位」にランクイン

シンガポールは他にも、UOBが37位、OCBCが38位と
日本のメガバンク三菱東京UFJ銀行より上位。

「World's 50 Safet Banks 2009」の原文(PDFです。)はこちら。

何でもナンバー1にこだわるシンガポール。
ランキングのニュースはよく取り上げると
シンガポールの知人からも聞きます。





↓お役に立てましたらクリックしてね。
投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング



  
posted by FPブレーン at 23:58| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

海外の銀行と証券会社に口座開設に行こう!

「海外に銀行口座を開設し、グローバルな資産管理したい!」・・・
ワンランク上の資産管理、本場の外貨預金!

日本でも外貨預金は、ワンランク上の上品な資産運用と感じている人は結構いますよね。(堅実な投資をするには値しない商品なんですけど・・・)

最近は、日本の外貨預金では物足りない、または、日本の破綻話に脅されて!?、海外の銀行に口座を開きたいと考える方が結構います。

そこで今回は、シンガポールの銀行口座の開設を簡単にレポート致します。
海外口座の情報はネットで検索すればそれなりにありますが、シンガポールの銀行口座開設は意外とないですよね。

a380.jpgと言うことで、SQ(先物清算日ではありません。シンガポール航空のこと。)のA380総2階建てエアバス(左写真)で行ってきました。
つい1週間前に日本に就航したばかり。マイレージでアップグレードを希望しましたが、残念ながら取れずに、エコノミーです。

しかし、これまでの機材と比較するとエコノミーのシートも多少ゆとりを感じました。若干ですが広くなったような・・・

滑走路までは、機体が大きくやじろべえのように左右に揺れている気がしていました。また、もう一つ驚いたのがエンジンの静寂性。離陸時に加速するエンジン音、かなり静かでした。(フライト中も)見るからに重たそうな機体でしたが、無事帰国できほっとしています。

dbs_01.jpgさて、口座開設はシェントンウェイにあるDBS Bankの本店。

この本店を選んだのは、次の手続きとなるシンガポール取引所(以下SGX - Singapore Exchange)が隣にあるという理由から。

証券口座を開設するにはSGXに登録手続きが必要なのです。

dbs_02.jpgDBSは、口座開設時に準備する書類はパスポートのみ、ステートメントなどの証明書の提出はなく簡単できるのが良いですよね。

そのほかDBSに口座を保有する人からの紹介状がなければ口座開設は出来ませんけど。
他にいるお客様に並んで行いますが、手続きは20分〜30分少々かかります。


↓下記はシンガポール取引所。取引所とは行っても外見は普通のオフィスビル。

sgx_02.jpgそのままDBS本店となりのシンガポール取引所へ行き、登録手続きを簡単に済ませ、ロビンソンタワーズ1F(MRTラッフルズプレイス近く)で証券口座の開設手続き。

この証券会社は、シンガポール株式を売買できるほか、NY、ロンドン、香港、マレーシア、タイ、日本などなど取引ができます。
もちろんオフショアファンドやETFも可能です。

phi_01.jpgまた、オフショアファンドの種類も豊富です。パッシブ運用のファンド(インデックスファンド)は、探してもあまり見当たらず、10本もないようです。ほとんどがアクティブ運用です。

我々のように、世界の優良企業を丸ごと購入するインデックス投資が目的の方には少し残念です。
(←写真がなかったのでロビンソンタワーズ外観)

ただ、インデックスファンドは、世界の何処から購入しても、運用成績はほぼ変わらないので、わざわざここで購入する必要もないでしょうが・・・・



人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村

  


posted by FPブレーン at 22:36| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

もしも、国から配当がもらえたら・・・

株式会社に出資する(株を購入する)と、業績が良ければ、配当金が支払われます。

株式会社にとってこの配当金の支払いは、事業の使命と言えます。

利益が出たら、配当金という形で還元する「当然です!」


では、私たちは「税金」という形です、日本国にお金を出資していますが

・・・・・もしも?

「日本!、財政黒字で国民に配当!」その額は、一人当たり3万円!
税金を支払い、国策が順調に進めば、こんなこともあるかも
しれません。そしたら、高い税金を取られても、誰も怒りませんよね。

我々には、夢にも出てきませんが、そんな国が現実に存在します。

シンガポール、財政黒字で国民に配当金!

シンガポール政府は2008年3月31日、財政黒字による政府財政の剰余金を国民に還元すると発表しています。なんとその額は、21歳以上の国民が対象で支給額は100―400シンガポールドル。

日本円で一人当たり、約3万弱です。

日本もがんばってもらいたいですね。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 11:23| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

海外研修

シンガポールでの海外研修。
金融機関が用意してくれたホテルがフラトンで、また、大きな部屋で気持ち良く過ごせた記憶が残ります。

スポーツジャンキーな私は、シンガポールをジョギングで観光しようと、1ヶ月ほど前から早朝トレーニング!
案の定、数日前に膝下の靭帯を痛めて、結局、片足を引きずりながら参加し、本当に歩けない状態行った覚えが・・・・

ml_01.jpgシンガポールと言えば、ご存知のマーライオン。右の薄い赤色の屋根の建物が宿泊したフラトンホテルシンガポール。シンガポールの代表的な高級ホテルのひとつ。もともとGENERAL POST OFFICE(郵便局)でしたが、2000年にホテルに改装されました。そのうしろは金融街。



in_04.jpg研修会場、こちらもフラトンホテル。







in_04.jpg欧州系プライベートバンクのディーリングルーム。







in_04.jpg上記写真と同様。







in_04.jpgボート・キー(Boat Quay)。横を流れるシンガポールリバーの河口付近にあるおしゃれなお食事スポット。屋台風のフードエリア、おしゃれなカフェ、高級レストランなどたくさんのスタイルで食事が楽しめる。中華、タイ料理、マレー料理、インド料理の他、イタリアンや日本人経営の和食もあります。シンガポールでは屋外の席は珍しくなく、良い雰囲気で楽しめます。

in_04.jpg右はフラトンホテル。左は、シンガポールリバー。奥にまっすぐ進むと上記のボート・キー(Boat Quay)。








人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村



  

posted by FPブレーン at 10:47| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

ナンバーワンが好き!

出張でシンガポールに行って参りました。

シンガポールでは、セントーサにユニバーサルスタジオマリーナ地区にもカジノができますが、至るところで工事が行われています。

来年から「F1」も決まり、初のナイトレースだそうで一段と工事が増えるのでしょう・・・

2か月前に来た時には全くありませんでしたが、観覧車が造られていました。

写真でもわかるとおり大きいですよね。

dsc01499.jpg

シンガーポールは、何でもナンバーワンが好きだと聞きますが、この観覧車もやはり世界でナンバーワンだそうです。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  
posted by FPブレーン at 12:58| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

あっ、IKEA(イケア)だ。

弊社の二駅先の南船橋にもあり、何度か行きましたが、いつも混んでいますよね。

シンガポールでも流行っているそうで、家具はIKEAで買っているが人がけっこう多いようです。写真にIKEAはシンガポールで2店舗目の新しいお店だそうです。


ikea.jpg


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村



  
posted by FPブレーン at 20:20| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

シンガポールっていいねぇ・・

「シンガポールっていいねえ・・」カテゴリを追加しました。

シンガポールは食事がうまーい!

中華料理、インド料理、マレー料理、タイ料理、フレンチ、イタリアン、日本食・・・

海外旅行では、食事や衛生面を心配することはありませんか?
海外で3日も滞在すれば「日本に帰って美味しい食事が食べたい」こんなふうに思う方も少なくないはずです。

しかし、シンガポールではそんな風に感じることはほとんどありません。

美味しい料理を食べられることだけでなく、レストランの「水」も飲むことができ、衛生的にも日本と変わりません。

夜も安心して外出できる治安の良さ、どれをとっても日本の住環境に近いと言っても良いかも知れません。
(ただ、暑すぎますけど。)

また、シンガポールは、オフショア金融センターと呼ばれ、非居住者に対して税制を優遇する国と一つで、資産運用の環境が整備される金融先進国です。

このカテゴリで、シンガポールのいいところを少しずつご紹介していきます。

お楽しみに。

さて、シンガポールに出張すると必ず頼まれ購入してくるドライマンゴです。

最近はもう食べ飽きましたが、美味しいですよね。

mango_1.jpg


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村



 
posted by FPブレーン at 21:00| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする