2010年02月28日

ETFは家計の資産運用に最適!?

ETFは、コストが低く家計の資産運用には最も有利だ。
といった記事をよく見かけます。

上場投信が増える中、既に2、3本のETFが上場廃止になっているようですが、実際に家計の資産運用に向いているのでしょうか?

理論上有利なことも、実行してみると手間と時間を要し、
現実的ではないことが投資に限らず良くあることです。

さて、ETFの場合・・・・・

ETFは、コストだけをみれば有利と言えますが、実際に行うには、非常に手間と無駄が生じます。

仮に外国ETFを購入する場合、

↓コストを支払い、ドルに転換
↓そのドルで外国ETFを購入
↓口数買いなので、ドルが余る。(外貨MMF等を買うしかない)
(余ったドルは投資機会の損失になる)
↓配当も、ドルで受け取り再投資不可(外貨MMF等を買うしかない)


リバランス時は、
外国株式ETFを売却し、TOPIXのETFを購入する場合は、
恐ろしいほど手間と時間を無駄にする。

↓外国ETFの口数で売却。
↓売却代金を、今度は円に戻す(コストがかかる。)
↓TOPIXのETFを買う。
↓端数の現金が余る。


実質、複数のETFを購入した場合、ほぼリバランスは困難です。

資産運用は、リバランスによって、利益、損失の確定を繰り返し、資産を形成していきます。
つまり、リバランスをきめ細かく行えないのは、致命的とも判断できます。

ETFは、至るところで勧められているが、手間、時間、無駄を考えれば、
インデックスファンドが利便性、効率性は高いと思います。


数千万でETFの運用をするのは、1円安い隣町のガソリンスタンドまで、時間とガス代を掛けて、給油しに行くようなものかも知れません。

資産運用は、人生のメインではなく、縁の下の力持ちであることが、結構大切です。

教科書では、良いと判断できることでも、
実際に経験してみると、本当によいのか疑問に思うことがたくさんあります。

ETFは良い例ですが、推奨している新聞や書籍も、「コスト」という一つの「側面」から言えることであり、誰にでも良い手段ではないのです。

一般家計の資産運用には、ちょっと現実的では無いかも知れません。

ETFを手間とコストを最小限に行うなら、海外の証券口座を利用することです。
http://www.fpbrain.co.jp/kaigai/index.html
ただ、これもまた語学などのデメリットはありますが・・・・




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
タグ:ETF 上場投信
posted by FPブレーン at 10:26| Comment(1) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

投資が恐い危ない!?「投資を正しく理解する」



「投資=恐い、危ない」と確定商品だけで資産形成をする方がたくさんいます。

しかし、投資は恐い、危ないものではありません。

「正しい方法を知らない=恐い」のです。

資産運用は恐いから行わないのは、
事故の可能性があるから、「車に乗らない」「免許を取らない」
と全くいっしょ。


資産運用は、車の運転ととてもよく似ています。
知識と運転方法(リスクの回避方法)を習得、訓練すれば生活に必須なものということが理解できます。

何もかも変動商品で運用する必要はありません。
保有資産の一部でも、変動商品を取り入れることでお金の価値を守ることができるのです。

老後の生活資金の準備、子供の教育費など10年を超える貯蓄、資産形成を定期預金や学資保険だけで行うと、物価上昇により連動できず、お金の価値を減らしてしまうこともあります。

お金は枚数で管理せず、価値で管理しなければなりません。

変動商品だけで資産運用を行う。
確定商品だけを資産運用を行う。

どちらかに偏るのでなく、バランスよく運用することが大切です。



バランスとは、期間によりお金を分けることです。
2年以内は、定期などの確定商品で運用。
5年〜7年以内は、債券など変動するものの満期を迎えれば、元本が戻ってくるもの。
7年、10年以上は、株式や債券のポートフォリオ運用(投資信託などの利用)。

期間を守って運用するだけで、お金を価値を守ることができますし、きっと枚数も殖えるでしょう。

免許を取らずに運転すれば、事故をします。
また、運転できなければ、折角の車も、ただの「鉄のかたまり」になり、利用価値を失います。


投資も、最低限の知識がなければ、損を繰り返します。
正しい情報を正しく理解し行えば、生活に必須な手段であることが理解できます。

固定観念を捨て、家計のために、一から勉強してみましょう。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 20:29| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

持株会の気づかぬリスク・・その2

自分の勤務する 会社だから「内情が分かる!?」

持株会は、自身が勤務しているので、内情が分かると考えることも少なくありませんが、「倒産」した従業員のほとんどは、「まさか!?」と信じられない状況に置かれるものです。

倒産当日まで、全くわからないということです。

昨年では、米国大手証券会社リーマンブラザーズが破綻になりましたが、勤務していた人の持ち株は、紙きれ。


「収入」と「資産(持株)」を一瞬にして失います。


やはり、資産形成として冷静に判断すれば、少なくても「収入先」と「投資先」分けておくのは、

キホンの「基本」です。

集中投資は極力避けて、分散投資を心がけましょう。

持株会を投資として考えますといろいろなリスクがありますが、家計の大切資産であることに変わりありません。持株会も継続すれば、大きな資産になります。家計全体で大きな割合を占める様になりましたら、家計のポートフォリオを考え、持株会の保有率を修正する必要があります。

まず、持株会の目的を再確認し、株式投資として、冷静に考えるとともに、家計に占める持株会の割合が大きい場合は、早めに見直すことが大切です


↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 09:09| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持株会の気づかぬリスク・・その1

収入と貯蓄資産を集中させるのは、ハイリスク!

持株会は、収入先と大切な資産を1社に絞り込み預けていることに気づきましょう。

持株会の目的は、さまざまです。
勤務する会社とは言え、価格変動の大きい株式投資ですが、
意外にも、持株会を始めた動機は・・・・

・「給料から天引きされるから」
・「自分が勤務するから内情がわかる!?」(ホントに?)
・「支援金(補助金)がもらえるから」


上記を考えると、「株式投資」という認識ではないようです。

目的、動機から見直してみましょう。

自社の経営方針に共感する、主力商品(事業)は、将来支持されるなど、自らが投資を行い、応援したいのであれば、持株会を行うのは、よく理解できます。
自分の仕事の成果が、企業成長に直結し、「収入」も「資産」も殖える。理想的な投資の在り方です。(投資の本質ですね。)

それと、よくあるのが「3%、5%の支援金がもらえるから」という理由で行う場合です。この場合は、リスクに見合ったリターンが得られるかどうかは、全く別の話です。
仮に、積立額に対して、毎月、毎月「5%の支援金」がプラスされるのは、たしかに「お得感」があります。しかし、本当に「得」なのか冷静に考えてみましょう。

支援金は積立金に対して、入口一回のみ得られます。

仮に積立金総額が500万だとすると、積立金と支援金の合計は、
3%で515万
5%で525万


今回の大きな下落相場を体験している方は、既にご存じのとおり、15万、25万の支援金を得るだけでは、株式投資の変動リスクを受け止めることは困難です。
また、世界中の企業を丸ごと保有していれば、不況でも、売却せずに継続することが可能ですが、1社への集中投資となる持株会の場合は、売り時を見極める必要があります。

持株会を客観的に判断すれば、支援金と引き換えに大きなリスクを受け入れることになっています。

少し、言い方が悪いかも知れませんが定期預金のキャンペーン金利を目当てに「外貨預金や投資信託」を購入することと同様のリスクと置き換えられます。

ただ、持株会の場合は、冒頭で申し上げたとおり、株式投資という認識を持つ方は稀で、上がろうが下がろうがあまり気にしないという方が大半です。このような不況になれば、自分で行う株式投資をやめても、持株会は継続することがほとんどです。

「株式投資という認識の薄さ」が、逆に功を奏し、「市場に左右されない継続投資」が可能になっています。

持株会は、リスクをうまい具合に受け入れた株式投資と言えるとかも知れません。

とは、言っても、収入と資産は分けておくことは

きほんの「基本」です。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 08:53| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

100万入り財布を80万で買いますか?【株価純資産倍率】

現金100万入りの財布をあなたは80万で買いますか?
どんなに値打ちのない財布でも、100万以下であれば買いますよね。

現金が入っているのですから・・・

もしも、下記のような金額で売られていたら・・・・

売値が120万・・・・実際の価値の1.2倍
売値が100万・・・・実際の価値の1倍
売値が 80万・・・・実際の価値の0.9倍

実際の価値の何倍で取引されているか確認できれば、割安、割高が判断できる指標になります。

これを株価の指標に置き換えて考えると。
財布の中身の現金価値(資産価値)を「一株純資産」といいます。
「財布一つあたりの純資産」・・・・100万ということ。

一株純資産は、企業の原価(資産価値)と考えられ、仮に企業が廃業(倒産ではなく、事業をやめて解散すること)した場合、総資産から負債や従業員の給与、退職金を払って残ると考えられる資産(現金)です。

つまり、
財布なら、中身の現金
株価なら、企業の資産価値(現金、不動産などすべての資産)
を知っていれば、割安か割高か判断できることになります。

さらにもっと簡潔に判断できるのが、「株価純資産倍率」(PBR略されます)
その資産価値に対して何倍で買われているかの指標ですから、
売値が 80万・・・・株価純資産倍率(PBR)は0.8倍と言うように、倍率で、割安割高の判断が可能です。

株式会社で考えると、1倍以下で購入すれば、企業が解散しても利益受け取れることになる。


しかし、株価は、将来の企業価値、成長期待が加味されることから、プレミアが付き、1.3倍、1.5倍など、1倍以上の価格で取引されているのが通常です。

では実際の株価で見てみましょう。

03/16 10:30 現在 ソニーの株価 1930円
株価純資産倍率(PBR)・・・・0.56倍

03/16 10:30現在 トヨタの株価 2980円
株価純資産倍率(PBR)・・・・0.86倍

ちなみに、東証一部全体の株価純資産倍率(PBR)は、

約0.8倍・・・・1倍以下

【この1倍割れについて日経ヴェリタスの記事抜粋↓】
1倍割れは理論上、今の株価で買えば「投資先の企業が清算されても利益がでる」ことになる。株価純資産倍率(PBR)1倍以上が正常値と考えれば、日経平均では少なくても約8,800円まで上昇する計算だ。1倍割れは「将来の業績悪化による企業価値の目減りを先取りしている」という理屈も成り立つが、一義的には株価の割安サインと見る向きが多い。


この様に、PBRを理解していると、値下がり時の考え方が少し変わってきます。

これまで、市場の急落時は「もっと下がるのではないか?」と一方的な悲観場面も、企業の本来の価値、価格で購入できるチャンスとして、違った角度で検討することができるわけです。

繰り返しになりますが、現在、東証一部全体のPBRは、約0.8倍。
現金100万の入っている財布が、80万で売られているということです。

長期投資が目的ならば、東証一部全体に投資するインデックスファンドも魅力的に見えてきます。

PBRは、ネット証券やヤフーファイナンスなどでも確認できますので、投資先の資産価値を知っておくことは重要です。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 18:59| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

世界のプロ集団が運用方針を「変える」!?

長期投資に役立つ「敗者のゲーム」という書籍があります。

この本は、

「今回だけは違う」 という見出しで始まります。

上昇相場であった1980年代末と1990年代末を例にあげ上昇を目の当たりにした投資家は、

「もはや今までの投資のルールは当てはまらない」と考え、お金をつぎ込んだということです。

しかし、結果はご存じのとおりで、投資ルールは変わらずマーケットは彼らを打ちのめした言うものです。

この本の見出しにもあります。

「今回だけは違う」ですが、
まさに、今のマーケットにも言えることです。

「運用方針」「アセットアロケーション」が間違っているのでは?と考えるのは、投資だけでなく、アドバイザーも少なくないはずです。

しかし、いつの時代も繰り返されるものです。
ここは、じっくりと決定した計画を淡々と実行するのみ・・・・

と思っていますが・・・・
ここで、世界のプロが運用方針を変えたというニュースを紹介します。

米国公的年金です。
米国最大のカリフォルニア州職員年金基金(カルパース)をはじめ、イリノイ州職員年金基金、オクラホマ州消防士年金、ペンシルベニア州職員年金基金は、
金や原油など国際商品への資産配分を拡大しているという。

カルパースの投資委員会は、
「年金受給者の資産をインフレの進行から守る責任がある」と判断し、インフレを5%上回る資産運用成果を目指している。
カルパースの過去の運用成績は、平均的に10%以上の安定した運用実績があり、カルパースの資産配分は世界のプロからも注目されています。

上記のような情報から、「商品ファンド」をすぐに取り込むことがベストと申し上げるのではなく、その運用方針の変更のやり方です。

ちなみに、カルパースは60%の株式資産を、2年、3年かけて、56%に下げ、その分で、原油や金、不動産の比率を今までよりも高めていくそうです。

わずか4%の配分変更です。しかも3年かけて行われます。

金額の大きいので、個人の資産形成とは異なりますが、資産配分を4%変更するだけでも、ニュースになるということです。

それだけ、運用方針の変更は重要で、あっち、こっちと変更するものでは無いということです。

繰り返しになりますが、運用方針や考えがブレない様に、こんな時だからこそ冷静に判断するべきなのです。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  
posted by FPブレーン at 22:53| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

インフレの足音が・・

先日、マックで子供に100円アイスクリームを買おうと注文すると200円に。
商品が多少変更になっている気がしましたが、明らかに価格の上昇を感じます。

皆さんも、最近の物価上昇を感じませんか?

それもそのはず、私たちの身近な商品が、下記の通り、平均10%程度も値上げです。この秋以降には、さらに一斉に値上げが広がります。

・マヨネーズ(キューピー・味の素)約10%の値上げ
・ティッシュペーパー(大王、ネピア等)10%以上
・カップめん(日清、東洋水産)来年1月より10%前後の値上げ
・スターバックス 20〜40円の値上げ
・マクドナルド セットメニューの値上げ


物価上昇(インフレ)は、私たちの生活に悪影響を及ぼします。

商品が10%値上げすれば、今まで1000円の商品やサービスを受けるには、さらに100円を支払う必要がでてきます。

1000円で行えた行為が不可能とるわけです。

これまでの年収で、可能であった生活は、
今後、貯蓄を減らす、旅行などの余暇を減らす、外食を減らすなど余儀なくされる。

預金の100万も、1万円が100枚と元本の保証はあるものの、価値は知らずに目減りしていきます。

物価上昇は、お金の価値をどんどん奪います。

このインフレからお金の価値を守るために、一部は、価格の変動する金融商品を準備する必要があると思います。

物価が上昇するのに、資産だけが目減りするのは、変だと思いませんか?

インフレのメカニズムを理解すれば、変動型商品を取り入れることが、家計の危機をを回避し、安全であることが理解できると思います。

物価が上がれば、資産も上がるように運用を考えましょう。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


   
posted by FPブレーン at 00:11| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

資産運用アドバイスができるFPは希少!?

日本には、投資教育(お金を価値で考える)がされない影響により、

「お金の枚数を減らさないことがベスト」と考え、

「安く買って高く売ること」が資産運用と間違った理解をしている。


これは、一般の人に限られたことではなく、本来この道の専門家であるはずのファイナンシャルプランナーまでもが「元本保証でなければ危険」と考えていることもある。

従いまして、価格の変動する商品へのアドバイスは、

「元本が保証されていないから、わからないですよ、あぶないですよ。もしも、するなら、なくなってもよいお金でされた方が良いですよ。」

という事になってしまう。

しかし、それは、

「飛行機は落ちる可能性があるから、乗ることは控えてください。でも、もしも乗るなら、 死んでも良いつもりで乗って下さいね。」


「車は、事故をするから乗るのは控えましょう、歩いた方が健康にも良いですから・・・・でも、もしも、運転する時は死んでも良いつもりで乗って下さいね


と言っていることと同じような。・・・・・


「教育がされない、知らないということは、とても恐ろしい」ことですね。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  
posted by FPブレーン at 12:33| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

お財布の管理で資産運用がわかる

弊社では、一貫して「じっくり寝かせて殖やす」をご案内していますそれには、理由があります。

長い人生をとおして、安全に、確実に資産を殖やすには、時間を
見方にした長期運用しかないと判断しています。
株式投資が報われるのは、資本主義のルール!
このルールの恩恵を得るには時間が必要なのです。
だからと言って、短期の一攫千金を否定していませんが、ほとんどの人は、
「資産を育てて殖やすお財布」と「一攫千金を狙うお財布」を混同しています。
これが問題なのです。
例えば、長期資産運用の目的で購入した投資信託は、「資産を育てて
殖やすお財布」なのに、たった6か月で元本100万が120万になると
「今のうちに売って下がったところでまた買えば良い」と言って売却します。
「資産を育てて殖やすお財布」のつもりが、「一攫千金を狙うお財布」に
切り替わってしまうのです。
この方法、結局は売ったり買ったりを繰り返し資産を殖やせない結果に
なります。また、当然資産運用から目が離せなくなり、陰で支える「縁の
下の力持ち」としての資産運用は存在しません。
まずは、財布を分けてたら、目標まで一貫して継続することです。
実はこんな簡単なことが、これまでの資産運用の考えにはなく、
常に良い商品探しに走り、失敗しているのです。

posted by FPブレーン at 11:15| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

投資とは、お金を貸すこと!

さて、さて、資産運用を始める前には・・・

まず、「投資」の原点を知るが大切です。

「投資」の原点。ちょっと難しく聞こえてしまいますが、とても簡単なことです。

お時間があればもう少し読んでみてください。

あなたが「投資」したそのお金は、「何処で、何に使われているのか?」と、いうことが大切であり、資産運用でこの考え方を知る人と知らない人では、結果に差が出るはずです。

例えば、国債(国の発行する債券)を購入します。あなたが国債を購入したそのお金は、国(国民)のために使われます。

つまり、あなたは、国債を購入することで、国にお金を「貸し」、国のために貢献しているということです。(少し大げさですが・・・)

「投資」とは、お金を「貸す」こと。

企業の株式を買うということは、その企業の事業発展のために使ってもらう事。

その結果として、企業の利益が上がれば、配当や値上り益として、受取ることができます。

どの企業にお金を貸せば、効率よく戻ってくるかを考えれば、きっと良い資産運用ができるはずです。

posted by FPブレーン at 12:17| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

生命保険で貯蓄はお得!?

生命保険で貯蓄はお得でしょうか。

考え方は、十人十色、人それぞれです。

ちなみに私たちは、生命保険はあくまでも保障と考えています。

資産配分(アセットアロケーション)のできる保険を利用して資産形成のプランを作成することはよくありますが・・・・

しかし、満期がきたら、「お金の価値」が変わっていたとは聞きますが、生命保険で貯蓄して「財を築いた」とは聞いたことありませんよねえ・・・・

さて、正解はありますか??

posted by FPブレーン at 22:35| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

資産運用はみんな失敗している。

まずは失敗を知りましょう。

「成功を狙い撃ちすると失敗する」間違った資産運用の考え方。

「木を見て、森を見ず」

今年の成長する「木」を一本一本丹念に時間をかけて探し続ける投資家たち。また、その情報を評論家やアナリストがテレビ、雑誌であおる。 

ようやく選んだ「木」は成長するかもしれないが、成長しないかもしれない。ギャンブル!?

失敗しない資産運用の考え方

「木を見ないで、森全体を見る」

森全体は成長する。たまたま1年や2年は天候など環境により成長しないこともあるでしょう。しかし、5年、10年でみればどうでしょう。

大切な資産を守り殖やすには、後者が有効です。

posted by FPブレーン at 15:15| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする