2011年02月23日

投資信託の乗換の前に・・・


久しぶりの更新です。
ちょっとだけ更新を先延ばしに・・・と思っていたら、もう一年です。
何事も先延ばしはよくありませんね。

さて、昨年暮れから今年にかけて、50代、60代の投資信託相談が多くあります。
ご相談の大半は次のような質問です。

「保有ファンドが損しているので、別のファンド乗換しましょう」と勧められている。

乗換を迫られ、ネットで情報収集しているうちに、弊社サイトにたどり着いたようです。

乗換だけでなく、商品の勧誘を受ける場合は、投資の目的にもう一度正して考えましょう。
乗換が最適か判断できます。

一般的な投資の目的を考えるには・・・

「いつ使用する資金なのか?3年後?5年後?10年後?」
「大きい値下がりリスクを取り、大きい値上がり益を得たいのか?」
「そもそも元本を割りたくないのか?」

たった3つを考えるだけで、最適な金融商品が、かなり絞られます。


つまり裏を返せば、投資信託の勧誘時に、上記のような質問なしに勧められた場合は、
自分自身にとって最適かどうかは不明・・・・目的と合わない可能性があります。

どんなに上昇する可能性があっても、同じだけ値下がりの可能性もあります。
ご自身の目的とあっているか判断できない、商品の理解が出来ない場合は、見送ることが無難です。

たとえば車屋さんで・・・・
いきなりスポーツカーの人気車種を勧められたらどうしますか?
「今人気で、スピードも出ますから良いですよ!」と言われても、それだけでは購入しませんよね。

「私は乗り心地と燃費を重視しますので・・・・」と自分の意志を伝えるのは、投資も一緒です。


ただ投資の場合、自分自身の運用ニードを明確化出来ないこともありますので、そこはしっかりと
情報収集しなければなりません。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 10:21| Comment(1) | 投資信託:種類と手段とコスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投信乗り換えは手数料とノルマのためで一度も顧客のために乗り換えたことはありません。

新発投信が出たらそのノルマを埋めるために、残高維持ノルマがない投信から資金を回すだけです。
Posted by 元証券マソ at 2011年08月04日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。