2009年10月26日

投資信託の利益はどうやって確定させるのか。


長期投資でも最後に大きな下落をすれば、損をするのではないか?
このように心配して投資を始められない方も多いはず。

いくら10年以上の長期投資でも、運用中の利益確定は必要です。

投資先の異なる投資信託を複数保有するのは、今や流行にも思えますが、
ただ保有しているだけでは、全く分散投資のリスク軽減には繋がりません。
(リスク分散をした気分にはなれますけど・・・・)


つまり、運用中の利益確定がなければ、本当の分散投資にはなりません。

複数の投資信託を購入して長期投資を行う場合、高くなった投資信託を売却し、その資金で安くなった投資信託を購入しなければ、ポートフォリオ運用の効果は得られないのです。

生産され続ける経済活動に投資をすれば、少なからず殖えて戻ってくる仕組みではありますが、
昔のような高度成長が見込めない今、利益を確定は必須となります。

この運用中の利益確定の手段ともいえるのがリバランスです。

リバランスとは、
ポートフォリオ運用において、基準としている資産配分への修正を言いますが、
市場動向に関係なく判断できることから、感情に左右されず「高く売り、安く買う」をシステマティック行うことができるのです。

●投資信託の利益確定の一つの方法は、リバランスです。
リバランスの方法は大きく二つ。
1)年に一度など定期的に実行する方法
2)バランスの乖離幅によって実行する方法

投資信託のリバランス修正の詳細は、こちらをご覧下さい。
http://www.toushinmkt.com/tm/knows/rebalance.html




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  
posted by FPブレーン at 09:02| Comment(0) | 資産運用:ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。