2008年04月10日

もしも、国から配当がもらえたら・・・

株式会社に出資する(株を購入する)と、業績が良ければ、配当金が支払われます。

株式会社にとってこの配当金の支払いは、事業の使命と言えます。

利益が出たら、配当金という形で還元する「当然です!」


では、私たちは「税金」という形です、日本国にお金を出資していますが

・・・・・もしも?

「日本!、財政黒字で国民に配当!」その額は、一人当たり3万円!
税金を支払い、国策が順調に進めば、こんなこともあるかも
しれません。そしたら、高い税金を取られても、誰も怒りませんよね。

我々には、夢にも出てきませんが、そんな国が現実に存在します。

シンガポール、財政黒字で国民に配当金!

シンガポール政府は2008年3月31日、財政黒字による政府財政の剰余金を国民に還元すると発表しています。なんとその額は、21歳以上の国民が対象で支給額は100―400シンガポールドル。

日本円で一人当たり、約3万弱です。

日本もがんばってもらいたいですね。




↓役に立てましたか?

「へぇ〜」と思って頂けましたらクリックしてください

投資信託 - 株ブログ村


人気ブログランキング




  


posted by FPブレーン at 11:23| Comment(0) | シンガポールレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。