2009年02月02日

複利の株式投資、複利でない商品投資 その2

はじめに、株式投資です。
事業により得られた収益から配当金を支払い、残った収益は次年度の事業に再投資されます、つまり、複利運用です。

株式ファンドは、投資先である末端の株式会社が複利運用されている事になる訳ですから、同様に複利運用と考えます。

株式投資は、投資したお金で事業を行い「収益を生み出す」ことができます。

その一方で、商品指数に連動するファンド(実物資産の保有)は、
原油や金、農産物に投資をしても、その投資先自体は利益を生む術がなく、価格の値動きによって、収益を得ることになります。

つまり、投資先自体は「収益を生まない」わけですから、複利運用という概念がなく、単純な値上がり期待ということになります。


仮に、
トウモロコシや大豆などの実物資産を買って保有するのが商品投資で、
トウモロコシや大豆を生産する農家にお金を貸す(投資する)のが株式投資。と考えるとわかり易いかも知れません。

では、もう少し詳しく考えましょう。

コモディティ(商品)投資の場合、実物資産のトウモロコシの価格が下落をすれば、投資元本も下落すると考えられます。

ところが、事業収益を生み出すことができる株式投資は、

トウモロコシの価格の変動とは別に、
投資先の農家(株式会社)は、

種をまき、育て、収穫し、販売し、事業収益を繰り返し生み出すことができます。

長期間継続すれば、トウモロコシの価格とは関係なく、収益を得る「術」を持つわけです。
仮に、トウモロコシの価格が下落をすれば、農家の売上は縮小し、収益も一時的に下落しますが、

企業努力(コスト削減等)によって収益を回復することができます

以上のように、お金の使われ方、行先、
つまり、投資先を考えると
利益を「生む」「生まない」という、大きな違いがわかります。

長期保有の場合、ポートフォリオを最適化しなければなりませんが、
商品投資が、投資先として必須かどうかは一概に判断できませんし、

少なくても、その収益の仕組みを考えると、株式や債券のような万能な投資先として考えることは難しいと思います。

コモディティを買うのであれば、商品指数に連動する証券だけでなく、
コモディティに関連した株式会社にも投資を行うファンドがありますので、よく中身を見てから判断しましょう。

投資先の強い信頼性が持てなければ、長期投資は、長期保有は困難です。

「自分の理解できる範囲で行う」を優先する事が、より資産形成の成功に繋がると思います。

「いつの時代も今が買い!」はありますが、

資本主義の原動力は、常に成長を要求され続けている株式会社という仕組みです。

どんな大きな相場でも、この仕組み自体は(人間の欲求が絡み)そう簡単に変化できません。

市場に左右されず、一貫した投資計画を持つことが何より「成功」に
近づく事でしょう。



人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村



   


posted by FPブレーン at 00:08| Comment(2) | 資産運用:ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理者さま


どうもはじめまして。
FXの情報サイトを運営している管理人の京太郎といいます。


ブログ村の投資関連のカテゴリよりこのブログを拝見させていただき、
もしよかったら相互リンクをお願いできないかと思いご連絡させて頂きました。

こちらからのリンクは下記に掲載しておりますのでご確認下さい。
http://www.fx-success.net/link/p61/


もし相互リンクOKであれば下記を参考にして頂き、
ブログ内のブックマークやお気に入り等に当サイトの追加をお願いします。

■サイト名
FXの情報サイト

■サイトURL
http://www.fx-success.net/

■紹介文
初心者の為の業者選びガイドと負けない為の基礎知識


お知らせしたリンク掲載ページの下にコメント欄がありますので、
もしリンク頂けた場合はコメント欄に一言いただければ嬉しく思います^^

それではよろしくお願いします。

管理人:京太郎
Posted by FX京太郎 at 2009年02月03日 14:56
当サイトでは、相互リンクの枠がなく、今後作成しましたら、また、よろしくお願いします。
Posted by 投資信託3分ブログ at 2009年02月24日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。