2009年01月31日

複利の株式投資、複利でない商品投資 その1

需給関係が根本から崩れ、物価は上昇を続ける・・・・
原油価格も、多少の値下がりはあっても、もう元の価格に戻ることは考えにくく、長期的には右肩上がり・・・・

ポートフォリオにコモディティ〈商品〉を組み入れるのは必須と言われていたのは、ほんの1年前。

空前のコモディティ投資の大ブームの時。


今となっては、あっさり価格も戻り、物価も下がり続けています。

さて、こんなときだからこそコモディティに広く投資をするコモディティファンドについて、少しお話しします。

コモディティファンドは、
商品先物オプションの売買で収益を稼ぎ出すのではなく、商品指数に連動する証券に投資をするケースがほとんどです。

実物資産を分散保有していることと同様の効果が得られるわけですから、物価上昇のヘッジ・・・・インフレヘッジとなります。

では、コモディティファンドは、ポートフォリオに必須なのか?

株式や債券との相関関係から、ポートフォリオへの組み入れは、その効果もあるのでしょう。

しかし、じっくりと腰を据えて長期投資を行える方には、必ずしも「有利」で万能な投資先とは言い難い気もしてなりません。(過去の数値からは効果があるのは理解していますが。)

組み入れないからと言って、資産形成が不利になることはありません。

コモディティファンドの内容を知らずに、雑誌を見て、または、勧められるがままに購入する方が考えモノ。

とは言いつつ、最近の投資マネーは、実際に資本市場(株式や債券)が低迷すると、商品市場に移動することが目立ちます。

また、この流れを受け、世界の運用機関も、国際商品への投資比率を拡大しました。

約1年前も、世界最大の米国年金基金カルパースは、60%の株式資産を、2年、3年かけて56%に下げ、その分で、原油や金、不動産の比率を今までよりも高めていくと発表しました。
その後、各国もその動きを強め、一時的には落ち着いたものの、コモディティへの投資は、今後もますますその重要度を増すと考えて良いでしょう。

世界でも注目される運用機関が投資比率を上げると聞けば「今後は必要だ」と思われるのも当然です。

しかし、毎年、多額のキャッシュイン・アウトが繰り返される「公的年金」と、
キャッシュアウトされない「老後資金の資産形成」では、運用目的が大きく異なります。

ポートフォリオ全体を最適化するというのももちろん大切ですが、
長期保有すると、どのように収益を生むのか、投資した自分のお金はどのように使われているのか「投資先」を理解することが重要と考えられます。
この投資先を理解すると、自分で必要かどうか判断できるでしょう。

では、その2で、株式投資と商品投資を比較してみましょう。



人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村



  


posted by FPブレーン at 10:08| Comment(0) | 資産運用:ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。