2009年01月29日

この時期にハイイールド投信!?

今日の日経にこんな記事がありました。

【記事抜粋】
野村アセットマネジメントが28日に新規設定した投資信託「野村米国ハイ・イールド債券投信」シリーズの設定額が約1290億円に達した。昨年来の運用環境の悪化で投信への資金流入は急激に細っており、公募投信が1000億円超の資金を集めるのは久しぶりのこと。個人が再び投資に向かう動きにつながるか注目を集めそうだ。1/29日経より



この時期にハイイールド債に・・・
随分買う人がいるんですねぇ。(中身を理解しているのかな)

このファンドの投資先は、デフォルトを起こす可能性が高い事業債。
ハイイールド債(高利回り債券)です。

デフォルトを起こす可能性が高いと考えられる今のような時期に
あえてリスクをとって、投資する価値があるのかなあ?

同じリスクなら、リターンの高い手段を。
同じリターンなら、リスクの低い手段をと考えれば、


世界の優良企業がこれだけ過小評価されていれば、外国株式インデックスを購入したほうが、よっぽど安心して保有出来るような気がします。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  


posted by FPブレーン at 21:31| Comment(0) | 気になる新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。