2007年07月27日

資産運用アドバイスができるFPは希少!?

日本には、投資教育(お金を価値で考える)がされない影響により、

「お金の枚数を減らさないことがベスト」と考え、

「安く買って高く売ること」が資産運用と間違った理解をしている。


これは、一般の人に限られたことではなく、本来この道の専門家であるはずのファイナンシャルプランナーまでもが「元本保証でなければ危険」と考えていることもある。

従いまして、価格の変動する商品へのアドバイスは、

「元本が保証されていないから、わからないですよ、あぶないですよ。もしも、するなら、なくなってもよいお金でされた方が良いですよ。」

という事になってしまう。

しかし、それは、

「飛行機は落ちる可能性があるから、乗ることは控えてください。でも、もしも乗るなら、 死んでも良いつもりで乗って下さいね。」


「車は、事故をするから乗るのは控えましょう、歩いた方が健康にも良いですから・・・・でも、もしも、運転する時は死んでも良いつもりで乗って下さいね


と言っていることと同じような。・・・・・


「教育がされない、知らないということは、とても恐ろしい」ことですね。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  


posted by FPブレーン at 12:33| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。