2007年07月03日

疑わしきは罰する!

「疑わしきは罰する!!」

ご存知ですよね?

生命保険加入時は、健康状態を告知しなければなりません。

「告知を偽っても、2年が経過すれば保険はおりる」なんて噂もありますが、そんなことはありませんので勘違いしないように!

嘘をついたら、保険はおりないですよ!
当たり前です、保険金詐欺罪です!!

さて、弊社では、生命保険の見直しも多くあります。
この生命保険の見直しには、かなりこだわっている点があります。

それは、加入の「入口」でなく「出口」

つまり、保険金の支払い時です。(当たり前ですね。)

もうひとつは、「告知」です。

告知しなければならない病歴があっても、できるだけ一言で簡単に済ませた方が良い結果が期待できると勘違いしている方(加入者も販売者も)が結構いますが、まさに「疑わしきは罰する」と考えるべきです。

弊社では、お客さまが保険に入る場合の告知は、「これでもか!」と言うくらい詳細に書き込みます。

「病状の原因」、「経過(投薬名など)」、「現状」は当たり前ですが、病気の「自己管理状況」も記載します。

診査する保険会社が、お客さまの病状を手に取るように理解してもらえるように記載するわけです。

告知に不明な点が多ければ、重症か軽症か判断できませんよね。つまり、保険会社は、不明な点があるのに、軽症と判断できるはずがないと言うことです。

今日も結果が心配だった2件の保険が、無事に成立したので、思わず書き込みました。

生命保険会社は「敵」ではありません。
できるだけ「ありのまま」を記載すれば、きっと良い結果が得られるはずです。




人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  


posted by FPブレーン at 01:33| Comment(0) | 生命保険:加入の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。