2007年03月01日

投資とは、お金を貸すこと!

さて、さて、資産運用を始める前には・・・

まず、「投資」の原点を知るが大切です。

「投資」の原点。ちょっと難しく聞こえてしまいますが、とても簡単なことです。

お時間があればもう少し読んでみてください。

あなたが「投資」したそのお金は、「何処で、何に使われているのか?」と、いうことが大切であり、資産運用でこの考え方を知る人と知らない人では、結果に差が出るはずです。

例えば、国債(国の発行する債券)を購入します。あなたが国債を購入したそのお金は、国(国民)のために使われます。

つまり、あなたは、国債を購入することで、国にお金を「貸し」、国のために貢献しているということです。(少し大げさですが・・・)

「投資」とは、お金を「貸す」こと。

企業の株式を買うということは、その企業の事業発展のために使ってもらう事。

その結果として、企業の利益が上がれば、配当や値上り益として、受取ることができます。

どの企業にお金を貸せば、効率よく戻ってくるかを考えれば、きっと良い資産運用ができるはずです。



posted by FPブレーン at 12:17| Comment(0) | 資産運用:基本の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。