2006年09月13日

手数料が高い分メリットがあるか?

投資信託や変額年金の「コスト」について説明すると、よくこんな質問が寄せられる。

「手数料が高い分メリットがあるのでしょうか?」


確かに。普通に考えればごもっとも!


ですが、残念ながら、メリットほとんどありませんと答えています。
(本心は全くないと思ってますが・・・)

コストをかけて研究、調査をし積極運用をしている投資信託だからこそ、運用結果は良くなると信じている方もたくさんいます。
(このように積極運用で市場平均以上の収益を目指す投資信託をアクティブファンドといいます)

確かにコストをかけ、市場の平均を上回る運用結果がでるアクティブファンドもありますが、そのアクティブファンドも、数千種類のうち市場平均を上回るのは、ほんの1割〜2割程度と言われています。

「10回、的を狙って、当たるのは1回か2回」というのは、どのなんでしょう?

やはり、単純に手数料が高いだけは、何のメリットもないと思います。

むしろ、デメリット?ですよね。


人気ブログランキング

投資信託 - 株ブログ村


  


posted by FPブレーン at 19:07| Comment(0) | 投資信託:種類と手段とコスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。